胡蝶蘭の贈り物

お祝いに胡蝶蘭を贈ろう!

 

蘭の花には様々な種類があり、綺麗な花で見る人の心を癒してくれます。
一般的に蘭にはたくさんの種類がありその中でも一際人の目を引いて癒してくれるのが胡蝶蘭です。

 

胡蝶蘭という花、聞いたこともある人も多いかと思いますが、よく冠婚葬祭や贈りものなどに使用される花です。
胡蝶蘭は花言葉が縁起がいい他、花そのものも上品で美しいために贈り物に最適と言われています。

 

最近はギフトなどで胡蝶蘭がよく用いられますが、価格も高く、安い花でも贈り物用となると概ね
1万円ほど、高いものだと5万円以上になります。

 

もちろんそれだけ高いものは大きさも他のものより多く、政治家やお金持ちの方や特別な日だけに取引されます。

 

また退職祝いなどで部下の方がいっしょにお金を出し合って贈り物として贈ったり、
会社からの経費などで支払われるために一般的にはプレゼントなどで胡蝶蘭を贈る場合というのはそこまで高いものは贈らないようです。

 

私の場合は対会社として知り合いのお店の開店のお祝いに贈ったり、取引先の親族の方の冠婚葬祭などの際に贈ったりしています。
また最近は比較的安い胡蝶蘭も通販で手に入り、5000円程の予算で相手に贈ることも可能です。

 

基本的に贈り物用の胡蝶蘭は高めですが、個人で観賞用としての胡蝶蘭はもう少し安い価格で手に入ります。

 

胡蝶蘭はお店でも販売していますが、最近は通販でギフト専用の胡蝶蘭がそのまま贈りたい相手に贈れるので人気です。

 

ところでこの胡蝶蘭花なので必ず枯れてしまいます。

 

しかし植物としては生きているので、また来年に花を咲かせることも可能です。
一部の蘭園ではこういう枯れてしまった胡蝶蘭を回収してまた育ててくれるとこともあるんです。

 

贈り物ですが、育てる楽しみもあるのも胡蝶蘭の魅力と言えるでしょう。

 

 

胡蝶蘭の贈り物と選び方

胡蝶蘭には花のタイプがミディと大輪など様々なタイプがあり、さらにそれらに様々な種類の色があります。
紫や赤、白、中央が赤いリップ、黄色いタイプもあります。

 

もちろん贈る側の好きな色でもいいですし、そのお祝いの種類によって変えるのもいいでしょう、一般的にはほとんど白色の胡蝶蘭が選ばれます。
また還暦などのお祝いに贈る場合は赤、米寿などの場合は紫などお祝いの色もあるのでそれぞれに変えるのもいいですね。

 

また、大輪でも花の咲いてる本数、枝の本数によって値段が変わります。
当然、大輪の方が値段も高くなり、もっと安い予算で済ませたいという場合はミディ胡蝶蘭というやや小さい鉢植えタイプが選ばれまれます。

 

贈る側も贈られる側も幸せにしてくれる胡蝶蘭ですがそれには胡蝶蘭の花言葉である
「幸せがやってくる」という意味があります。
贈る側も贈られる側も幸せにしてくれるという縁起の良い花が胡蝶蘭なのです。